給湯器における水のトラブルは専門家に修理を

給湯器は多くの家庭で導入されている設備です。給湯器を使用すればいつでも手軽に蛇口からお湯が出てきます。しかし給湯器は突然故障することもあり、故障してしまうと一切お湯が出なくなってしまいます。夏場はまだ大丈夫かもしれませんが、それ以外のシーズンでは厳しい条件となります。故障や不具合が発生したら専門業者を呼んで、給湯器 修理をお願いすることが大切です。

■素人が修理をしないほうがいい理由

もし給湯器で水のトラブルが発生しても、自分で修理ができれば安上がりになるため、多くの人はこちらの方法を選択したいところでしょう。ところが素人が下手に給湯器を修理することは大変危険です。原因を探ってみると内部のパーツの緩みだったということも往々にしてありますが、給湯器はトイレや蛇口と比較して、かなり複雑な構造をしています。さらに機種によってもメンテナンスの方法は異なります。手順を間違えるとより症状が悪化することもありますし、変なところを触って手を切ってしまうなどけがのリスクも考えられます。まったく知識を持っていないのなら、水のトラブル専門の業者に依頼をした方が無難です。

■たかが水漏れされど水漏れ

給湯器のトラブルの中で多いのは、水漏れです。水漏れが発生していてもきちんとお湯が出ていれば、「そのまま使い続けても問題ないのでは」と思う人もいるかもしれません。しかし水漏れを放置することは、一酸化炭素を発生させる危険性があるので絶対におすすめできません。一酸化炭素は有害な気体で、無臭であるため発生していても気づきません。しかも水漏れが電気系統の近くで発生すると、内部でショートすることも考えられます。そうなってしまうと発火する恐れも出てきます。水漏れを放置していても自然治癒することはまずないので、すぐに水のトラブルに対応してくれる業者に相談をすることが大事です。

■まとめ
給湯器の修理は、ある程度の知識を持っていて、現在使っている機種の取扱説明書が手元にあれば、自分で解決する方法もあります。しかしそうでなければ、素人が下手に給湯器をいじるべきではありません。ちょっと異なる部品を触ったことで、症状が悪化することも十分に考えられます。また水漏れを放置すると発火して火事の原因となったり、一酸化炭素中毒で重篤な症状に陥ったりと、大きな問題にもつながりかねません。給湯器 修理専門の業者であれば、現場に急行してくれて速やかに必要な作業を行ってくれますから、早く報告をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ