目に見えないところで起こる水のトラブル

蛇口をきちんと締めても水がポタポタ落ちる、床が濡れているといった場合は水漏れが起きていると気づけます。ところが水のトラブルの中には、すぐには分からないケースもあります。住宅の内部で発生している場合や屋外がトラブル箇所だった場合です。そのような場合、配管のどこかで水漏れが起きている可能性もあります。

■水道料金が今までよりも高くなっている

目に見えない水漏れトラブルに気づくきっかけで多いのは、別に水の使い方が大きく変わったわけではないにもかかわらず、急に水道料金が上がるパターンです。この場合、どこかで水漏れが起きて余分に水道を使っていることになっているかもしれません。もし心当たりがあれば、まず家中の蛇口を全て閉めます。そのうえで水道メーターを確認してみましょう。ほとんどの住宅で道路と建物の間にメーターが設けられています。蛇口を全て閉めていてもなおパイロットが回転しているのであれば、配管のどこかで水漏れを起こしていると推測できます。本当に微量の水漏れであればパイロットが動かないこともありますが、たいていはこの方法で見分けられます。

■パイロットが回っている場合はどうすべきなのか

もし蛇口を全て閉めてもメーターが止まらなければ、すぐに専門業者に連絡しましょう。暫定的に水漏れを止める方法としては、止水栓を閉めておくようにします。止水栓とは水道の元栓のことです。水道メーターの近くにハンドルもしくはレバーが取り付けられていますが、これが元栓に該当します。通常元栓を右に回すと建物の中の水の流れをせき止められます。すなわちそれ以上水漏れの範囲を拡大せずに済むということです。専門業者の中には24時間年中無休で現場に急行してくれるサービスもあります。スタッフが駆けつけてくれたら症状をできるだけ詳しく説明して、どこが水のトラブルの原因なのか専門家にチェックしてもらいましょう。

■まとめ
自分たちでもすぐに気が付けるような水漏れもあれば、建物内部のトラブルで目に見えない例もあります。後者の場合、水道料金が跳ね上がっていないか確認をしましょう。心当たりがあれば、できるだけ早く修理や配管の交換をすべきです。そうしなければ建物が常に濡れている状態になり、建材が傷んでしまう恐れが出てきます。集合住宅の場合、階下に被害が拡大してしまってその賠償を求められるかもしれません。水道料金の無駄遣いにもなりますから、放置をしないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ