無視できない蛇口の水のトラブル

水回りは私たちの日常生活において欠かせないもので、水を流したり止めたりするのが蛇口です。普段何気なく使っているかもしれませんが、もしここで水のトラブルが発生すると厄介です。水のトラブルに対応してくれる業者はたくさんありますが、持ち込まれる案件の中で蛇口の水漏れは意外と多くなっています。

■水漏れが起きる原因は何か

蛇口の水漏れの原因は、大きく2つの要因によって引き起こされると考えられます。それは劣化と破損です。まず蛇口をきちんと締めたつもりでもポタポタ水が止まらずに落ちてきてしまうのであれば、蛇口内部の劣化が原因と考えていいでしょう。内部にはパッキンと呼ばれるゴム製の部品が搭載されています。これは長年同じものを使っているとひび割れや硬くなるなど劣化が進んで、水流をせき止められなくなります。一方蛇口の根元から水が流れている場合には、破損している可能性が疑われます。この場合、蛇口そのものの劣化が進んでいるかもしれません。そうなると業者にお願いして、蛇口 交換などの作業を依頼する必要があります。ただし接合面の緩みが原因であることも考えられます。この場合はナットを締め直せばいいため、本体の交換をする必要はありません。

■蛇口にも寿命がある

蛇口はずっと長く使い続けられるものと思っている人もいますが、実は徐々に劣化して、いずれは交換しなければならない状態になります。家族構成や使用頻度などによっても変わってきますが、一般的に10年が耐用年数と言われています。特にキッチンやお風呂場の場合、使用頻度も多くその分劣化も進みやすい傾向にあります。水漏れが止まらない症状の他にも、今まで聞かれなかった甲高いノイズが起きている場合、寿命が近づいてきていると考えたほうが良いでしょう。混合栓というお湯とお水の両方が出る蛇口を使っている家庭も多くありますが、こちらの劣化が進むとお湯とお水の切り替えがうまくいかなくなることも起きます。

■まとめ
蛇口における水のトラブルは案外多く、業者へ依頼する例も決して珍しくありません。パッキンなどパーツの劣化の場合、その部分を交換すれば再び問題なく使えることもあります。しかし10年以上使用している蛇口での水のトラブルであれば、これは本体の寿命も考えるべきです。パーツを1つ2つ取り換えたところでトラブルが解決しないこともあり得ます。専門家に見てもらって、交換が必要であれば、思い切って取り換えてしまうのも一考に値します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ